21 Jan結婚祝いの結び目の意味

結婚祝いではご祝儀袋や、ギフトに水引をつけるのはご存知かと思います。この水引にはちゃんと意味があります。自分でラッピングができるラッピングキットなども売っていますから、この意味をちゃんと知っておきたいものです。


結婚祝いは結びきりと覚えよう

ご祝儀袋などの結び目にはきちんと意味があります。結婚祝いなど、一度きりのお祝いとなるものは、結びきりという形の結び目が縁起のいいものです。出産祝いなどは何回あっても喜ばしいものですから、このような場合にはほどいて、再度結ぶことのできる蝶結びなどを利用します。現在ではバービーデザインなど、かわいらしいご祝儀袋もたくさんあります。新郎新婦の好みなどで選ぶのもいいかもしれませんね。


名前は濃い墨使おう

わざわざ、墨をすることはありませんが、筆ペンは濃い墨を利用します。薄墨は不祝儀で利用するもので、色が薄い理由に涙で薄まってしまったという悲しみの意味が込められているのです。値段に併せて、祝儀袋は変えるものなので、金額に応じて袋の水引なども派手になると覚えておきましょう。一生に一度の結婚祝いを特別なギフトにできたらいいですね。

Comments are closed.