21 Jan結婚祝いにオリジナルブーケを

結婚祝いのプレゼントが非常に多様化しているそうです。ドレスなどを作ってサプライズで渡す人もいると言われています。また、人気が高くなっているのが、プリザーブドフラワーを利用したオリジナルブーケです。過去、ブーケは投げるという習慣がありましたが、晩婚が進み、ブーケトスが減ってきているそうです。


枯れないお花で記念に残る結婚祝い

プリザーブドフラワーは、特殊な液体に漬けて花びらを加工し、枯れないように処理しているものです。色も後から人工的につけていることから、今まで咲かせることが難しかったお花の色も表現できます。結婚式で使ったブーケを記念として飾る夫婦も多いそうです。また、プリザーブドフラワーは技術者が一から花びらを形成してデザインしているので結婚祝いに世界に一つしかないブーケをつくることができるのです。
PR・・・プリザーブドフラワー 通販


ゲストに記念として渡すことも

テーブルの飾りつけなども自分たちでできるウエディングが増えていることから、テーブルにプリザーブドフラワーの花束を飾り、帰りに一輪ずつ、記念に渡すというのも多いそうです。生花と違って、花粉なども飛びませんし、少しの時間なら照明などを浴びても目に見えて傷むことがありません。しかし、空気にずっと触れていたり、直射日光が当たる場所にずっと置いておいたりすると、色があせたり、花弁が避けてしまうこともあります。

Comments are closed.